登山情報

平標山

◆平標山の概要

谷川連峰最高峰の仙ノ倉山(2026m)と第2位の標高を持つ平標山(1984m)。
平標山は新潟県南魚沼郡湯沢町と群馬県利根郡みなかみ町に位置し、谷川連峰の西端に位置する花の百名山としても知られる山で、「ぐんま県境稜線トレイル」三国峠~稲包山周回コースにもなってます。

◆登山コース

【周回コース】

  • コースタイム:約7時間
  • 標高差:1004m(登山口〜平標山)

登山口〜松手山〜平標山〜平標山の家〜平元新道〜登山口

至仏山登山の一般的なコースで鳩待峠至仏山を往復するコースです。山ノ鼻からの東面登山道と比べて傾斜が緩やかなため、至仏山初心者にはおすすめのコースです。なお、山ノ鼻からの東面登山道は上り専用になっているため、下りで山ノ鼻に降りることはできません。鳩待峠からの往復になります。
小至仏山付近から至仏山頂までは岩稜の間は高山植物が咲き乱れていて疲れを癒やしてくれます。山頂までは大きな岩の合間をぬって歩きます。この辺りは蛇紋岩が露出しておりこの岩は大変滑りやすいため、濡れているときは特に注意してください。特に蛇紋岩地帯の下りは最心の注意を払ってください。また植生保護のため柵や階段からは外れないようにしてください。

【平標山から仙ノ倉山往復】

  • コースタイム:往復約2時間

平標山から仙ノ倉山まではなだらかで尾根も広く高山植物が咲き乱れ、気持ちよく歩けます。雲上の花園と呼ばれるのもわかります。

関連記事